サーバーエンジニアの平均年収

「サーバーエンジニアとして、転職をしたい」と考えている方もいると思います。
そんな方の中には、「転職をすることで、年収はどのように変わるのだろうか?」と思っている方もいるでしょう。やはり、転職時に気になるのは年収設定。「転職をすることで、年収が下がってしまうのであれば、転職はやめたい」と思っている方もいるでしょう。
では、サーバーエンジニアの平均年収とはどれくらいなのでしょうか。

既に、転職活動を始めている方であれば、求人をチェックしている方もいるでしょう。
求人をチェックしていくことでも、ある程度の年収が分かりますよね。サーバーエンジニアの場合には、20代の方で400万円が平均年収となっており、30代になると500万円が平均年収となっています。
もちろん、この平均年収は、どういった規模の会社に勤めているのか、どういった雇用形態になっているのか、どのくらいのスキルを持っているのかによっても大きく変わってくることになりますから、中にはこの平均年収よりも低い方もいれば、かなり高額年収となっている方もいるでしょう。

「年収アップのために、転職をしたい」と考えている方であれば、サーバーエンジニアの経験を積み、ネットワークエンジニアを目指していくと良いでしょう。
ネットワークエンジニアになることで、仕事の幅も増えることになりますし、年収アップも叶えることが出来ますよ。
このように、サーバーエンジニアの年収は他の職業と比べると高めとなっています。更なる年収アップを目指すのであれば、より経験を積み、資格取得などを行っていくと良いですよ。
CCNAやCCNPといった資格取得をしていれば、転職時にはかなり有利となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です